パーソナルファウンダーはどんな仕事?意味や仕事内容を調査!

スポンサーリンク

忘年会シーズンですが、家でテレビを見てこたつ満喫中の私です。

みなさんは、怒り新党はご覧になっていますか?

有吉弘行さんとマツコ・デラックスさんが投稿者や該当インタビューの悩み等に討論していく番組です。

12月14日放送の怒り新党の、「今週の怒られたさん」というコーナーで、登場したおじさんが話題を集めています。

なぜ話題を集めているのかというと、職業を聞かれた際に「パーソナルファウンダー」と答えていました。

このパーソナルファウンダーという言葉みなさんは聞いた事ありますか?

私は初耳でした。聞いた事もないこのパーソナルファウンダーという職業がどんなものなのか、調べて見ました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パーソナルファウンダーの意味は?

いろいろと調べてみましたが、パーソナルファウンダーという言葉は存在していないようです。

英語だとpersonal founderとなるんですかね?

personalが個人の、自分の

founderが創設者、設立者

などの意味から直訳すると、個人の創設者?になりますね。

実際インタビューでフリーランスとも答えていたので、自営業などの意味合いでしょうか?

fundという単語だと基金、資金、資本などの意味合いもあるので、間違ったのかとも思いましたが、本人にしかわかりません。。。

パーソナルファウンダーの仕事内容

おじさん曰く

  • 個人で若者に投資している。
  • スタートアップからちょっと時間たったぐらいのスケールしたい感じの人に投資

だそうです。

スタートアップからちょっと時間たったスケールしたい感じの人の事を「シードベンチャー」とも言ってました。

企業したての人?みたいな用語のようです。

私にはよくわかりません。

定かではないですが、ベンチャー企業や若者に投資をしている人なので、

すごい方なのかもしれませんし、これから有名になっていく人なのかもしれません。

その時を待ちましょう。

まとめ

パーソナルファウンダーという言葉は存在しない。

個人投資家のような人

スタートアップからちょっと時間がたったスケールしたい感じの人のことをシードベンチャーと呼ぶみたいです。

難しいですね。結局よくわかりませんでした。

ちなみにこの方は、毎日朝まで飲んでワイフに怒られているそうです。

そのワイフに対しては

「パブリックメ〜ンとプライベートメンは違う。プライベートはお前の物だけど、パブリックはみんなのものだから仕方ない」

と説明するようです。

またさらに怒られそうですが。。。

愉快な方なのは確実ですね。

これからこの職業が定着(ないと思いますが)したらまた追記しようと思います。

それでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク